悪いことをしようと考えている人間は、力が弱く他に助けてくれる家族が居ない一人暮らしの女性を狙います。
できるだけ犯罪の被害に遭わないためにも、一人暮らしの女性は特に防犯対策が必要になるのです。
今回は、一人暮らしの女性が最低でもしたほうが良い防犯対策を4つご紹介いたします。

一人暮らしの女性が気を付けたい防犯対策

様々な防犯対策がありますが、一人暮らしの女性はこれからご紹介する4つの防犯対策を行うことで、犯罪被害に巻き込まれる可能性を低くすることができます。

外から部屋の様子が分からないようにする


昼間は気にならなくても、夜になれば室内の明かりで外から部屋の様子が丸見えになることも珍しくありません。
できれば1階2階は避けて部屋を選び、カーテンは遮光やミラーレスタイプを選ぶようにしましょう。
できれば、カーテンのデザインや窓際に置く小物にも気を付けたいですね。

個人情報は自分で守る


ゴミ出しの際に手紙など住所や氏名・電話番号が記載されている書類をそのまま捨てるのではなく、細かくちぎって捨てるかシュレッダーにかけて処分します。
また一人暮らしの女性は必ず郵便受けにカギを設置し、できれば郵便受け周辺に監視カメラが付いた物件を選ぶようにしましょう。

部屋の出入りは素早く行う


帰宅時に部屋の前に来てようやくカギを取り出すのではなく、部屋に向かうまでにカギを取り出しておきます。
部屋の前でもたつくと部屋を特定される以外に、カギを開けた瞬間にあなたと一緒に室内に入り込まれる可能性があるためです。

エレベーターには知らない人と乗らないようにする
3階以上にお住まいの方はエレベーターを利用する機会が多いですが、エレベーターはドアが閉じてしまえば密室になるため犯行が行われやすくなります。
特に異性と2人きりでエレベーターに乗ることは避けるようにしましょう。

まとめ
悪いことを考えている人間は、犯罪の成功率を高めるために弱い人間を狙います。
一人暮らしの女性は標的になりやすいため、自分の身は自分で守る防犯対策が必要です。
今回ご紹介した防犯対策は特にお金もかからない簡単なものばかりですので、一人暮らしの女性はぜひ試してみてくださいね。

The following two tabs change content below.
事務局
ジェット・クラヴマガ事務局です。 護身術や防犯に関する記事と日常の出来事をお伝えしてまいります。