今日のトレーニングには、Iさんのご紹介で体験の方が来て下さいました( ゚∀゚)ノ

女性でしたが、最後まで頑張ってましたね👍

刃物🔪への対処を行いましたが、いかがでしたでしょうか?

実際のアタッカーは、殺すつもりで襲ってくるので、圧力は相当なものです。

ファーストコンタクトでブロックしても、二度三度と刺されないためには、その思考と行動を遮断しなければなりません。

そのためにはストライク(打撃)は不可欠。

ストライクを打つ衝撃により、アタッカーの行動を神経的に遮断します。

一番ストライクを打つ場所は鍛えられない急所。

目、鼻、喉、顎、金的。

ここは、女性の力でも十分に効果を得られます。

また、実際に当たらなくても相手の反射行動を誘うことができるので、その後のアタックやエスケープをするための時間や空間は作れます。

にしても、逃げ切るだけの体力と気力がないと役に立たないのも事実。

最低限の体力は維持したいものですね。

 

The following two tabs change content below.
HIDETSUGU OKUBO

HIDETSUGU OKUBO

ゼネラルディレクター&チーフインストラクター護身術 JET KRAVMAGA
1973年生まれ 株式会社JAM代表取締役。2013年ジェット・クラヴマガを設立。クラヴマガを指導するため、札幌、苫小牧、東京、千葉を往復する毎日。護身術/防犯/応急救護/ 詳しいプロフィールはこちら
HIDETSUGU OKUBO

最新記事 by HIDETSUGU OKUBO (全て見る)