クラヴマガ KRAVMAGA




HOME -トップページHOME -トップページWhat's kravmaga -クラヴマガとはWhat's kravmaga -クラヴマガとはTraining contents -トレーニング内容Training contents -トレーニング内容Training center -トレーニングセンターTraining center -トレーニングセンターFAQ -よくある質問と回答FAQ -よくある質問と回答Online Store -オンラインショップOnline Store -オンラインショップ




近接格闘術・実践護身術

クラヴマガは、ヘブライ語で『近接格闘』という意味です。

IMG_2531.JPG
クラヴマガは、20世紀前半に、イスラエル軍と様々なセキュリティサービス部門で開発されました。
これが、のちに民間のニーズに合わせ、アレンジされました。

そして、現在では護身術として先進国をはじめ、世界各国に広まっています。

クラブマガの技は、人間が本能的にもっている条件反射をもとに動きが作られているため、いざという時に『身体が自然に護身の動きとして反応することができる』という特徴を持っています。

国によっては、クラヴマガを正式に採用している警察機関や政府機関もあります。

1980年以降からは、アメリカの法執行機関に導入されるようになりました。例をあげると、ネイビーシールズ、FBI、SWAT、ロサンゼルス市警、シークレットサービス等がクラヴマガを正式採用しています。




武器への対応

日本でも刃物(ナイフ)を使った事件が後を絶ちません

DSC_0084.JPG
近年、比較的安全と言われていた日本であっても、毎日の様に刃物を使った事件が後を絶ちません。

昔から、武道や武術の中にも刃物(ナイフ)に対する技は存在していましたが、そのほとんどが実戦向きではありませんでした。

それは、実戦では使うことが困難な技であったり、襲撃者が1度しか刺さない、もしくは襲撃者が静止している想定の技が多いからです。

クラヴマガでは、セカンドアタック(二度目以降の攻撃)をさせないための物理的なディフェンス方法を学べます。

また、刃物(ナイフ)だけではなく、棒(角材・鉄パイプ等)や銃器への対処方法も、論理的に学ぶことができます。




政府・軍隊への採用

数々の実践的な技は即戦力になる!

so2.png©isaf media
イスラエルで開発されたクラヴマガは、イスラエル国防軍・警察・特殊部隊はもちろん、CIA、FBI、SWAT、イラン警察、ブラジル警察等が採用しています。

イスラエル軍では、数週間の訓練で実践となるため、長年の稽古で身につく「空手」等の武道とは違い、このような近接格闘(イスラエル式クラヴマガ)が開発されたと考えられています。



映画・ドラマでの活躍

シンプルで迫力のテクニックが人気


 クラヴマガは実践を想定した動作となっているため、ハリウッド映画等のアクションシーンで、そのテクニックが使われています。

 また、俳優自身もアクションシーンのためトレーニングを受ける事があります。

  • イナフ / ジェニファー・ロペス
  • ボーン・アイデンティティー / マット・デイモン
  • トゥームレーダー2 / アンジェリーナ・ジョリー
  • 交渉人 / 米倉涼子        他